垂井町 Y様邸 2F寝室(床貼り替え・クロス貼り替えリフォーム)


貼り替え前のクロスの状況です。
昔のクロスは、織物調の繊維クロスが流行っていて、豪華に見えたそうですが、年数が経つにつれ繊維が剥がれていきほこりが舞う状態になってしまいます。


リフォーム用クロス(リフォームセレクション)というカタログから選んでもらいました。
普通の新築用と違い、下地のボコボコ感が出にくく、破れにくいという特徴があります。
下地処理のパテをして、きれいにクロス貼り替えが完成です。


床はじゅうたんがひいてありました。
お掃除が大変だったみたいで、フローリングに変えたいとの意向がありました。


まず始めに、じゅうたんをカッターナイフで30cm間隔くらいに切っていきます。
運びやすいのもありますが、処分をするのに、この大きさでゴミ捨て場にだすと職員さんが持って行ってくれます。


フロアー材は、イクタ製のパワフルフロアーという ノンワックスのフロアーを貼ります。
固定方法は、専用の根太ボンドと、フィッシャーで固定をしていきます。床なりがしないようにフロアーを貼る前には、既設の床を打ち増しといって、鉄砲釘で下地を固定していきます。


綺麗に貼り替え完了です。お掃除をして、荷物移動も完了!!
お客様のチェックも無事終わり、全て完成です。

↑page top