垂井町 I様邸 屋根瓦漆喰工事+バン線交換工事です


屋根瓦の棟の冠部分のバン線の状況です。
昔は被覆線のバン線で固定をしていましたが、長年の雨風雪で錆びて劣化がおこってしまいます。


ご提案として、銅線でやり替えるというとこです。
銅線は縛りやすく加工が安易です。
しっかりと棟をからげて固定できます。


ケラバのバン線も同じです。
錆びて劣化が始まっていました。


錆びたバン線を取ってステンレスのスクリュウビスで固定をしました。
仕上げにコーキングで浮押さえをしました。


棟下の三日月漆喰の状況です。
表面の漆喰が剥がれています。
雨漏れの原因になるのと棟が崩れる原因になりかねますので早めの補修をお勧めしました。


まず、剥がれそうな漆喰をはぎ取っていきます。
その後、下塗りを塗っていきます。
乾いたら仕上げに漆喰を塗っていきます。
漆喰は2回塗りを徹底しています。
1回だと、ひび割れたりすぐ剥がれたりするためです。

↑page top