垂井町 宮代 H様邸 ユニットバス設置の為の準備です。


新しいエコキュートを設置します。
三菱製の460L フルオートです。
仮置きをして位置の確認を、お客様と職人さんとで決めていきました。


洋間だった場所に新たに浴室を設置するので、開口を開けました。
1坪の開口です。


ユニットバスを設置するにあたり、土間を打設していきます。
必ずユニットバスは土間を打たなければいけません。


ユニットバスの横のスペースには洗濯や洗面を設置するので、そのための給水・給湯・排水の工事を行っています。


タカラの施工師さんが寸法の打ち合わせにきました。
この打ち合わせはすごく大事で、細かな配管の位置、開口の確認、おさまり 仕上げのやり方を監督さんと施工師さんと営業とお客様と合同で行っていきます。


キッチンをもうすぐ解体するので、そのために仮設のキッチンスペースを掃出しからでた箇所に作りました。
雨風を防いで、新しいキッチンが設置するまでの間、この仮設キッチンでの生活をしてもらいます。

(仮設工事と言うのはお客様がご希望であれば、キッチン・お風呂・トイレなどの仮設器具を設置することです)

↑page top