大垣市 N様邸 外壁ガルバニウム鋼板貼りです。


既設の西面のトタン状況です。
西日や雨風によって色褪せが進んでいます。
耐久性の高いガルバニウム鋼板をお勧めしました。


まずは、既設のトタンをめくります。
下地の状態にして、通し柱の箇所に、コーナー用のコンパクト金物を設置していきます。
貼り替えと同時に耐震性も高めていきます。


その次に、遮熱性の高い(フクビ・遮熱エアーテックス)を貼っていきます。
この透湿シートは、普通の透湿シートに比べて、遮熱性や湿気対策などがずば抜けて高くアルミ素材のシートです。


既設の2Fの庇が劣化していたため、新しいLIXIL製の既製品の庇に交換しました。


いよいよガルバニウムを貼る下準備です。
外部銅桟を取り付けていきます。
この下地が無いとガルバニウム鋼板が貼れません。
尺5寸ピッチで取り付けていきます。


下に一人、上に一人と、二人で貼っていきました。
垂直はもちろん不陸調整もしながら貼っていくので貼り終えた時は、びしっときれいに貼れています。
後は、細かな部材の取付や、コーキング処理、掃除などが残っています。

↑page top