大垣市 K様邸 広縁床貼り替え工事完成


南側広縁の床です。
建てられてからそのままで無垢材の床板が貼ってありました。
今回貼り換える理由は床下にシロアリが発生して、下地がぐわぐわしていました。
以前消毒をしてもらい、今回床板も全て交換するプランです。


白蟻被害の写真です。
湿気のある箇所や、通気が悪い箇所にはシロアリが好んで卵を産みやすい環境です。
これほど食べられていたので床板がかなり傷んでいました。


床板、下地を全て解体します。
その後新しい下地を組んでいきます。
その際に会社にある防蟻塗料を塗ってから組んでいきます。


下地の針葉樹合板を貼っていきます。


仕上げは、さくらの無垢板を貼っていきます。
しっかりと床板用のボンドを1枚1枚塗っていきながら貼っていきます。


完成です。
さくらの明るい色目と落ち着いた感じに仕上がって貼る前のくらい感じとは違って明るい広縁に変わりましたね。

↑page top