大垣市 N様邸 基礎部分塗装工事


西面の基礎部分のモルタルが劣化していて、もう一度モルタルで仕上げるか、塗装で仕上げるかのご提案をしました。
結果長い目で見た時に、塗装で仕上げた方が傷み具合がわかりにくいのと、ヒビ(クラック)が入りにくいので塗装で仕上げることにしました。


このように、モルタルの表面がヘアークラックと言って、細かなヒビが入ってきてしまいます。
こうなると、徐々に大きくなりモルタルが剥がれてきてしまい、基礎の元まで傷んできてしまうのが怖いです。
通気口の箇所は特に弱く、クラックが入りやすいです。


まず、細かなヘアークラックの箇所には、浸透性のある下塗り材を塗っていきます。
これ以上大きくひび割れがおこらないようにするためです。


次に、養生をします。
何故養生をするのかと言うと、仕上げは吹付で行うため飛散防止です。


綺麗に仕上げの吹付を行いました。
御影石調のデザインで元のひび割れは全く消えてなくなりました。

モルタル仕上げとは違い、塗装仕上げの場合、柄や模様を入れることができて、長い目で見てもひび割れがおこりにくいようになっています。
ただ、躯体の基礎からの大きなクラックにはやはり耐えれない為、その際にはエポキシなどの注入材を入れながら補修をしなくてはいけません。

↑page top