垂井町 T様邸 単体浴槽入れ替え+床タイル張り替え工事


既設の浴槽の状態です。
もともと浴槽の下で漏水が発覚して、今回のリフォームにつながりました。
どうしても浴槽の下で漏水がしていると、解体して土を掘る必要があります。


撤去後の状態です。
完全に何もない状態にして、漏水個所を特定します。
特定ができたら、漏水個所の補修工事にかかります。


漏水補修が終わったら、新しい浴槽を据えつけます。


その後床のタイル貼りを行い完成となります。
壁のタイルも補修程度に貼りました。


床のタイルは、LIXIL製の浴室用の滑りにくいタイルを貼っています。


カランも戻して、床の排水溝は新しく交換しています。

↑page top