大垣市 マンション間仕切壁 遮音工事です。


マンションの一部屋の間仕切壁の遮音工事です。応接室と、隣のトイレの間にある間仕切壁が6cmと薄い為、トイレの排水の流れる音などが応接室にこぼれて聞こえていました。


まず、遮音工事をするにあたって、9mmのプラスターボードを剥がしていきます。
その後、グラスウールの断熱材が敷き詰めてありましたが、もっと保温性のあるスタイロホームという物に交換をして敷き詰めていきます。


その後、音の漏れを軽減する下地用シート材として、DAIKEN製の遮音シートを貼っていきます。
普通のシートと違い、厚みも3mmもあり、ゴムの素材でできていてこれだけでも遮音効果は得られると思います。


さらに、遮音パネルという物を取り付けていきます。石膏ボードと突起付制振マットを積層した、クロス仕上げ用防音下地材です。このいぼいぼの突起物がミソみたいです。


いよいよクロス仕上げに入っていきます。
マンションの1部屋ということもあって、乾きが遅いため、ヒーターを付けての乾き待ちをなくす方法で下処理を行いました。


クロス貼り完成です。
お隣のトイレの排水を流して、いよいよ音の確認!!
工事前と、後では歴然です。さすが遮音シート!!
是非、隣の部屋の音が気になる方は取り付ける価値はありますよ。。

↑page top